ブライトワンの音楽を試聴 CD/DVDのご案内 所属アーティスト一覧ほか コンサートのお知らせほか チケットのご購入・お問い合わせ ライヴハウスご利用のご案内 演奏会をひらいてみませんか 邦楽のおけいこのご案内 会社概要ほか
ウィーン・リング・アンサンブル | メイン | ライナー・ホーネック/コンサートスケジュール2007 No.2

2007年度招聘アーティスト

2008年01月08日

2007年度 ブライトワン招聘アーティスト

ライナー・ホーネック

  Honeck.jpg

来日期間: 2007年7月1日〜7月12日(予定)

                2008年1月16日〜1月29日(予定)  

ライナー・ホーネック (Rainer Honeck) / ヴァイオリン
世界最高峰のオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団においてコンサートマスターを務めるライナー・ホーネックは1961年オーストリアのネンツィング生まれ。7歳よりヴァイオリンを始める。ウィーン国立音楽大学で学び、'77年ウィーンでの青少年コンクールで優勝。'78年ウィーン・フィルの「カール・ベーム」基金より奨学金を受け、'81年ウィーン国立歌劇場管弦楽団コンサートマスター、'84年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第1ヴァイオリン奏者として入団。そして'92年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任し、現在はウィーン・フィルの最も重要なポストに在る。また、名古屋フィルハーモニー交響楽団に首席客演コンサートマスターとして招かれ、聴衆のみならず楽団員からも喝采を浴びている。
オーケストラ以外の活動にも精力的で、ウィーン弦楽ゾリステンなどの室内楽を主宰。またソリストとしても国際的に活躍しており、CDもポニーキャニオンから「シューベルト/ソナチネ」「ドヴォルザーク&メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲」が発売されている。ホーネックのヴァイオリンは、のびやかな歌心と清潔感溢れる弾きぶりで、聴く人の心をなごませてくれ、ウィーンが誇る良き伝統の継承者として期待されている。ヴァイオリンは、オーストリア国立銀行から貸与されている1714年製ストラディヴァリウスを使用。

 

ウィーン・ゾリステン・アンサンブル

WSE.jpg     

来日期間: 2007年11月17日〜11月24日(予定) 

フォルクハルト・シュトイデ (Volkhard Steude) / ヴァイオリン
1971年ライプツィヒ(ドイツ)生まれ。ベルリンにてヴェルナー・ショルツ氏に、ウィーンにてアルフレート・シュタール氏に師事。'94年ウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに23歳という若さで就任。2000年からはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めている。'02年には自らが主宰するシュトイデ弦楽四重奏団を結成。またウィーン・フィルのメンバーで結成されたウィーン・ヴィルトゥオーゾのコンサートマスターも務めるなど、ソロや室内楽と多方面で活躍している。'00年より開催されているトヨタ自動車株式会社主催「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」にてコンサートマスターを務めており、日本でも多くのファンを魅了している。

エクハルト・ザイフェルト (Eckhard Seifert) / ヴァイオリン
1952年ヴァイヤー(オーストリア)生まれ。'70年ウィーン国立音楽大学に入学。フランツ・サモヒル氏に師事。'73年ウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、'75年より首席第1ヴァイオリン奏者を務める。'76年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。キュッヒル弦楽四重奏団、ガイゲン・カルテット、ウィーン・リング・アンサンブルのメンバーとしても活躍している。

エルマー・ランダラー (Elmar Landerer) / ヴィオラ
1974年ザルツブルク(オーストリア)生まれ。ヴァイオリンをウラディミル・マコヴィッツ氏、ミヒャエル・シュニッツラー氏に、ヴィオラをペーター・オクゼンホーファー氏に師事。'96年ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。また様々な室内楽活動も行っており、ベルヴェデーレ三重奏団、シュトイデ弦楽四重奏団、ウィーン・ヴィルトゥオーゾのメンバーでもある。

ゲアハルト・イーベラー (Gerhard Iberer) / チェロ
グラーツ(オーストリア)生まれ。ウィーン国立音楽大学にてウォルフガング・ヘルツァー氏に師事。1978年には若手の弦楽器奏者のためのカール・ベーム財団賞を受賞。'85年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。'91年よりキュッヒル弦楽四重奏団のメンバーに加わる。またウィーン・リング・アンサンブルのメンバーとして、日本各地で毎年行われるニュー・イヤー・コンサートでは、多くの聴衆たちを魅了している。

ウォルター・アウアー (Walter Auer) / フルート
1971年フィラッハ(オーストリア)生まれ。ザルツブルクのモーツァルテウムで技術を磨いた後、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の奨学生となり、その後、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団とハノーファーNDR放送オーケストラの首席フルート奏者を務めた。2003年よりウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者を務めている。ソリストまた室内楽奏者として、数多くの国際コンクール(クレモナ国際フルートコンクール、ミュンヘン国際音楽コンクールなど)や音楽祭に参加。人気の高いコンサートシリーズにもゲストとして多数参加している。

エルンスト・オッテンザマー (Ernst Ottensamer) / クラリネット
1955年ヴァレルン(オーストリア)生まれ。ウィーン国立音楽大学にて学び、優秀な成績でディプロマを取得。'79年ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。'83年より同楽団の首席クラリネット奏者となる。ウィーン・ヴィルトゥオーゾ、ウィーン・ゾリステン・トリオなど、多数の室内アンサンブルを主宰。ソリストとしてもズービン・メータやコーリン・デイヴィスなどの指揮のもと、モーツァルトやウェーバーを演奏するほか、指揮者としても幅広く活躍している 。クラリネット協奏曲や室内楽など数多くのCDをリリース。現在、ウィーン国立音楽大学教授。 今回のウィーン・ゾリステン・アンサンブルのリーダーでもある。

 

エルンスト・オッテンザマー

otten.jpg

来日期間: 2007年11月14日〜11月16日(予定)

エルンスト・オッテンザマー (Ernst Ottensamer) / クラリネット
1955年ヴァレルン(オーストリア)生まれ。ウィーン国立音楽大学にて学び、優秀な成績でディプロマを取得。'79年ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。'83年より同楽団の首席クラリネット奏者となる。ウィーン・ヴィルトゥオーゾ、ウィーン・ゾリステン・トリオなど、多数の室内アンサンブルを主宰。ソリストとしてもズービン・メータやコーリン・デイヴィスなどの指揮のもと、モーツァルトやウェーバーを演奏するほか、'92年より指揮者としても幅広く活躍している 。クラリネット協奏曲や室内楽など数多くのCDをリリース。現在、ウィーン国立音楽大学教授。抜群のテクニックを駆使して流れ出る、人生の喜怒哀楽を表現する音楽は、まさに天衣無縫。独特の柔らかく、深みのある音には心を奪われる。

投稿者 brightone : 2008年01月08日 11:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bright-one.co.jp/mt/mt-tb.cgi/29

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

聴いてほしい凄い日本の音がある 和楽器オーケストラあいおい
中秋の名月に響く 古今東西の三味線と日本人の箏が彩る音色
「和楽器オーケストラあいおい 邦楽彩りー和楽器の調べー」
「和楽器オーケストラあいおい」西日本ツアー2017in矢掛
第137回しばざくらコンサート「和楽器オーケストラあいおい」
紀尾井のようこそ、邦楽!2017 和楽器をやってみよう
「玉泉院丸庭園 生演奏ライトアップコンサート」
秋川雅史&三好芫山withみやこ風韻 日本をうたう
日野皓正クインテット
新春爆笑ライブ in 矢掛
新着情報 ☆ what's new?
フォルクハルト・シュトイデ/コンサートスケジュール2010
ライナー・ホーネック/コンサートスケジュール2010
お知らせ [9]
アーティスト [2]
カンパニー [2]
クナイペ [145]
コンサート [60]
スクール [1]
チケット [2]
プロデュース [1]
ポッドキャスト [2]
マネージャーブログ [6]
ライブハウス凛 [6]
リリース [2]
レーベル [2]
レーベル視聴コーナー [1]
招聘アーティスト [29]
新着情報 [1]
和楽器オーケストラあいおい [23]
完売しました!!
JunJun [07/02 12:21]
朗報が届きました☆
Toshio [06/16 00:47]
K☆Y [06/21 19:23]
Toshio [06/21 22:25]
フォルクハルト・シュトイデ/コンサートスケジュール2010
Toshiko [05/21 13:54]